Thoughts on life and art 絵について思うこと

画題について

人 物を描くのが好きです。特に子供は、体長の割に頭が大きいので、面白い身体の部分(顔、手、足)が近距離に集まっていて好都合です。幼い子は、体裁を気に することも、自己の能力を疑って委縮することもなく、高い場所があれば必死によじ上ろうとします。一心にはさみを使いながら口までいっしょにもくもくうご いたり、『磁石の魚釣り』で竿を持っていないほうの手もつられて上がったりする、子供たちの無心な様子に惹かれます。


Motifs

People fascinate me. Little kids, with their large heads in proportion to their small bodies, are particularly fun to draw since the face, hands, and feet are so close together. Little kids are also captivating in their guilelessness: unencumbered with self-doubt, they may spontaneously try to climb to the very top of any climbable objects nearby. When they use scissors, their mouths move with their hands. When they fish, the free hand moves in synch with the one holding the fishing rod (→ See “Magnetic fishing”).

 

Magnetic-fishing-small-5.6K

磁石の魚釣り

Magnetic fishing

 

制作上の困難
なんといっても顔が命です。いくら幼い子でも、ちゃんと脳みそが詰まっていて、品格と矜持を備えた顔でなくてはいけません。満足できる顔が描けることは稀で、進歩とは日々の落胆に慣れることかなと思ったりします。
ところで私は、たとえば自作「ラジオ体操」の女の子が気に入っているのですが、この絵はあまり一般受けしないようです。無愛想だからかな?と思います。
究極的には、周囲の評価を気にせず、自分に納得のいく絵を描くことに尽きるでしょう。もっとも、自分に妥協しない範囲内であれば、世間一般との接点を探りながら制作するのも、あながち悪いことではないかもしれません。

Difficulties

Faces are always the key. Even in a young child’s face, dignity, intellect, and individuality shine. It is not easy, however, to draw a face in a way that meets my expectations, so I disappoint myself regularly. I came to believe that progress means coming to terms with these setbacks.
The girl doing her “Morning exercise” is one of my favorites, even though she often gets overlooked. That’s probably because she is obviously sulking. While it would be nice if my work aligned with the tastes of my friends, critics, and contemporaries, I don’t worry too much about this.

 

Morning-exercise-small-7.6K

ラジオ体操
Morning exercise

創作の喜び

画 題は現在のところ子供が多いですが、子供向けの絵本作家を目指しているというわけではなく、鑑賞者としてはむしろ大人を想定しています。一般に、子供は もっと細部まで丁寧に写実的に描き込んだ絵を好むと思います。大人はこれまでの人生の蓄積があるので、少ない線で要(かなめ)の部分だけ呈示すれば、残り は自分たちで読み取ってくれるのです。創作そのものは孤独な時間の積み重ねですが、鑑賞者が作品にそれぞれの経験とイマジネーションを重ね合わせ、共感し て相槌を打ってくれるとき、作家は大きな社会的見返りを得ることになります。
創作そのものの喜びについて述べますと、極度の艱難辛苦に自分の力量 を疑うのと、勝算が確かすぎて退屈するのとのちょうど中間どころ、「乗り越えられそうな予感のある壁を前にした適度の緊張感」というのが、創作する者に とって最も理想的な心理状態であるように思います。この状態にあるとき、作家は興奮と恍惚に時の経つのも忘れて制作に没頭できます。Joy of creation
At the moment I am drawing predominantly children, while most of the viewers of my pictures are grown-ups. Children, in general, seem to prefer very detailed pictures while grown-ups like to freely interpret my minimalist pictures with their accumulated life-experiences. The creative process itself is always a very solitary one. But an artist is sufficiently rewarded once a viewer applies his or her own life experiences onto the artwork and these echo the message the artist tried to convey.
As to the joy found in the solitary creative process itself, I believe the most joyous moments for an artist would lie right in-between despair (= too difficult) and boredom (= too easy) : the state of excitement in anticipation of challenges that may just be surmounted with a realistic amount of exertion.
 

wsb_257x198_High-School-Class-small-30.53K
高等部授業風景 I like math!

日本語補習校
ミ ネアポリス日本語補習校で数学を教えて、今年で15年目になります。月曜日から金曜日までアメリカ現地の学校に通い、土曜日に日本語補習校で学ぶ子供たち は、苦労して自己のアイデンティティーを確立しつつ、複数の言語で思考し、未知の文化を受け容れる柔軟さを身につけていきます。国境の枠にとらわれず、他 に共感する暖かい心と広い視野をもつ若い世代を育てることが、平和な世の中につながると考えます。
数学も絵も、とらわれない自由な精神で美と真実を追求する点において共通しています。私は自分の授業時間を、先人たちが苦労して築いた数学遺産の数々を生徒たちに紹介し、彼らと共に人類の思考力の可能性を謳歌する場として活用したいと思っています。
Japanese School
This is my fifteenth year of teaching math at the Minneapolis Japanese School. Our students attend local American schools Monday through Friday, and only gather at the Japanese School on Saturday. They struggle to find their identity as multilingual, multicultural beings. Through their struggles, they learn to think beyond national boundaries and open their minds to cultures yet unknown to them. We consider it our vital duty to nurture and support these young generations equipped with a broad world view and empathetic mind.
Art and mathematics have much in common in pursuing beauty and truth by means of a clear mind. I like to utilize my class time to introduce the extraordinary endeavors of mathematical innovators to my students and celebrate tremendous human potential with them.

 


遅い画家デビュー

過去に本や雑誌、新聞の挿絵を手がけた経験がありますが、誇れるような水準ではありませんでした。したがって、今回のボローニャ展入選と個展開催が、私にとっての画家デビューです。過去20余年、(おもに画家の父か ら)「早く作品をまとめて出版社に持ち込むなど、社会的な働きかけをするように」と繰り返し勧められてきましたが、自分が素晴らしいと感じないものを他所 に売り込んでも仕方ないと思い、何もしませんでした。父の思いに沿えないでいることはずっと気に懸かっていましたが、「自分に納得のいかないものは世に問 わない」という姿勢は、間違ってはいなかったと思います。その間、世間のスポットライトの当たらないところで、学生時代に充分に勉強しなかった数学を学び 直し、わが子と二人三脚で音楽や複数の言語の習得に励み、合気道やランニングで身体を鍛え、文学、歴史、社会学、科学の原書を読み漁りました。一見まわり 道に見えるこれらの時間が、私の思惟に奥行きを与え、対象の本質を見抜く目を培い、描線に確かさを授けてくれたと思います。日陰のほうがよく育つこともあ るのです。Late debut as an artist
I illustrated books, magazines, and newspapers in the past, but not to a level I could be proud of. The 2013 Bologna fair and my subsequent solo-exhibition in Japan, therefore, can be considered my real debut as an artist. For the past twenty-odd years, my father, who is also an artist, kept telling me to compile my artwork into a book and submit it to publishers. I felt bad about not fulfilling my father’s wish for his child’s success, nonetheless I also didn’t want to publicize pictures whose quality I wasn’t convinced of. Instead, I spent years quietly expanding my knowledge of mathematics, studied music and languages alongside my son, strengthened my body through running and training in martial arts (Aikido), as well as ferociously read literature, history, social studies, and science. Those hours, spent in activities seemingly unrelated to art, bestowed depth to my thoughts, cultivated my eyes to see essentials, and gave power to the lines I draw. Things sometimes grow better in the shade.将来の抱負
世 界各地の、さまざまな文化圏で生活する子供たちを描きたい。さらに、子供だけでなく、大人、特に年老いた人々も描いてみたいです。また、アメリカの日本語 補習校に通うような恵まれた子供たちだけでなく、恵まれない環境にある子供たちが、優れた本に接し、バランスのとれた質のよい教育を受けられるような助け をしたいとも考えます。

Future prospect

I would like to keep drawing children from a variety of cultures and regions around the world. And not just children, humans of all ages, particularly the elderly. Furthermore, I would like to contribute to the betterment of the educational opportunities of those children in less fortunate circumstances than the children attending Japanese School in the USA.
木ノ実画評1
『喜 多先生の絵を額に入れて、リビングルームの壁に掛けてみた。子供達の表情や仕草、いつまで見ていても飽きない。こういう瞬間瞬間を、自分の子供達にも見て きたし、自分自身も通ってきた記憶がある。ディテールを持ちつつ、普遍的なのだ。こんなに少ない線で、子供達の心の奥まで映るのって不思議だなあ。国際コ ンクールに入選ということで、もう世界の芸術作品になっているわけだが、「あれ、この顔は誰かに似ているぞ。」と思いながら鑑賞できるのは、ミネアポリス 補習校の人間の特権なのだ。
天真爛漫なステレオティピックな子供らしい笑顔、という絵は無く、皆、思索的というか内省的な表情をしている。何かを 見つめて真剣に考えていたり、心ここにあらずで物思いにふけったり。でも、こういう風に考えている表情って素敵だし、実は笑顔よりむしろ子供らしいのでは ないか、と思わされた。喜多先生の絵からにじみ出てきて僕を圧倒するのは、子供達のイノセンスっていうものなのだと思う。』
― 中藤博志、ミネソタ大学遺伝子細胞生物学准教授ミネアポリス日本語補習校理事長On Konomi’s art #1
We framed an assortment of Kita-sensei’s picture cards and hung it on the wall of our living room. I never get tired of seeing the children’s facial expressions and gestures. I remember seeing them not only in our own children, but also in myself. Her pictures show specific details yet are universal at the same time. It’s a wonder how the very soul of the children can be reflected in so few lines.
No face shows stereotypically angelic smiles. The faces are all contemplative and insightful, some intently staring at something, others introspectively meditating. The pictures made me start to think that they are a truer depiction of children than simplistic smiling faces. What springs out of Kita-sensei’s pictures and strikes me is the innocence of children.
― Hiroshi Nakato, PhD, Associate Professor, Department of genetics, cell biology and development, University of Minnesota; President of the Minneapolis Japanese School
木ノ実画評2

『木 ノ実姉の描く絵の良さは、「大人目線での子供の理想像の勝手な投影がない」ところにあると思います。特にここのところの一連の作品には、「あるフォーマッ トに従いながらも型にはまっていない意外性」があります。本物を実際に見て対象の本質を見抜き、その観察から得られた感動を忠実に描いたものが、姉の作品 の原動力だと思います。
マンガやアニメの商業主義のイラスト作品は多数見ていますが、それらの作品に共通するのは、大多数の人が「キレイ」「気持 ちよい」と思う色彩と描き込みで構成されていることです。それらは予定調和の技法と記号の集合であり、「すごい」「よく描くなぁ」という感動はあっても、 意外性の面白さはありません。
そもそもマンガやアニメでは量産が求められますので、「モデルにポーズを取ってもらって描く」という描き方はなかな かできません。本物のインプットが得られない分、そういった技法化、記号化はやむを得ないわけですけれど。(人間、頭の中だけで描くものには限界がある。 これは自分自身が常々痛感していることです。)』 ― 喜多曜介

On Konomi’s art #2
One of the strong points of my sister Konomi’s art is that it doesn’t idealize children from an adults’ perspective. Her recent works in particular are imbued with surprisingly fresh elements while conforming to a certain traditional format. This is because Konomi keenly observes her subjects and then lets her insights drive her art.

I am very well acquainted with the broadly commercialized illustration techniques used in “Manga” and “Anime”. They are typically composed of eye-catching colors and standardized drawing techniques that viewers are familiar and comfortable with. These works are composites of techniques and symbols arranged according to predetermined principles, which can be very impressive but lack innovation. Pictures for “Manga” and “Anime” need to be mass produced, so that there isn’t time to draw from live models. Deprived of real input, they must rely on established formulas and symbolization techniques, which inevitably traps them inside their own limited world.
― Yosuke Kita